短時間!安く!丁寧に!

お問合せ
Instagram
TEL
Map
お役立ち情報

新作iPad「iPadPro」「iPadAir」先代モデルとの違いとは?

Appleが5月7日に新型iPadを発表しました。

実際、新型iPadと従来のiPadの何が変わったのか比較していきます!

 

iPadProについて

まずは、iPadProからです。

サイズは、従来のサイズ通り2サイズ展開です。

従来のiPad10.9型 12.9型
新型のiPad11型 13型

ディスプレイ

次にディスプレイですが大きく変わりました。

iPad史上初となる、OLEDディスプレイを搭載します。

しかも!ただのOLEDではなく、OLEDを2枚重ねたタンデムOLED構造の

Ultra RetinaXDRディスプレイを採用です。

また、1TBと2TBモデルではオプションとしてNano-textureディスプレイガラスに選択可能です。

標準ガラスに比べて、画質とコントラストを保ちながら映り込みを減らせるガラスです。

チップ

またチップもApple製品として初となる「M4」チップを搭載。CPUのパフォーマンスが最大1.5倍に高速化。

GPUのレンダリングパフォーマンスも最大4倍高速になります。

 

iPadAirについて

次にiPadAirです。

まず、サイズですが従来は10.9型の1モデルのみでしたが2モデル展開されます。

従来のiPad10.9型のみ
新型のiPad11型 13型

ディスプレイ

ディスプレイは従来通りLiquid Retinaディスプレイ(IPS液晶)を使用しており

iPad Pro、iPadAirともフルラミネーションディスプレイを採用してます。

Applepencilなどを利用する場合に、ペン先と描画される距離が近くなり、より自然な操作ができるようになります。

チップ

チップに関してはM2チップを搭載です。

M4チップと比べると見劣りしますが、今までの最上位モデルと同じものを使用するため

処理性能としては十分なものがあります。

共通:どちらもApplepencilPro対応

iPadPro(M4)、iPadAir(M2)と合わせて、新しいApplepencilも発表されました。

従来のものと比べてバレルロールやスクイーズ、触覚フィードバックなどに対応し

「探す」アプリからペンを探すことも可能です。

現状対応しているのは、新型iPadのみです。

また、Applepencil(USB-C)は対応していますがApplepencil第二世代には非対応です。

 

注意!物理SIMスロットの廃止!

どちらも物理SIMスロットが廃止され、国によっては電源アダプタの同封が終了しているそうです。

物理SIMスロットが廃止したことにより、eSIMへの移行が必要になります。

参照:ノジマ家電小ネタ帳より

iPadProで物理SIMカードで不具合が発生した例あり

NTTドコモの物理SIMの認識に不具合があり

物理SIMカードを変更する必要が生じたこともあったそうです。

eSIMに移行する手間が増えるとは言え

物理SIMトラブルが少なくなる(もしくは、無くなる)と考えられます!

かなり魅力が詰まった新型iPadですね!

料金は高くなりますが、それだけ高性能になっています。

また画面を割らない、傷をつけない為にフィルムやガラスコーティングを施工し

長く愛用してあげましょう!

当店は、修理実績やお役立ち情報を随時更新しております。

他の記事も是非ご覧下さい!

ご閲覧、有難うございました。

関連記事

  1. 【奈良市朝日町】iPhone12mini バッテリー交換

  2. 【奈良市京終】iPhone8 スマホガラスコーティング

  3. 【奈良市富雄】iPhone6S パネル割れ交換修理

PAGE TOP
TEL
Map